文体などの表現方法も選択できる

webサイト翻訳の文体の選択について

多くの企業が導入しているwebサイト翻訳には、オプション機能として文体などの表現方法を選択することも可能になっています。ですます調やである調といったオーソドックスな文体を始めとして、コラム風や論文調、ときには男言葉や女言葉といった表現方法も用意されていたりします。この表現方法の選択は主に和訳の場合におこなうことができます。その理由として、日本語にはそれぞれの時代やシチュエーションに合った様々な表現方法が存在するからです。しかし翻訳サイトによっては、英訳などでも表現方法を選択できることもあります。英語を始めとした外国語には古語と呼ばれる時代がかった単語があり、翻訳する内容の雰囲気や語調に合わせてこちらを選ぶことができるのです。

フォント調整や文字の大きさ・色を変更できる

webサイト翻訳では文体を選択できる他にも、様々な表現方法が用意されています。その一つがフォントの調整です。ワードやテキストなどのようにwebサイト翻訳には各種のフォントが用意されていることがあります。そのため可愛らしさを表現したいときには丸みを帯びたフォントを使用し、ファッション性や格好良さを印象付けたいときにはスタイリッシュなフォントにできるのです。もちろん文章全体を同じフォントに統一できますし、一部分だけを別のフォントに置き換えることも可能です。このフォント調整の他にも、文字の大きさや色を変更することができます。翻訳文章の中で強調したい部分を太文字にしたり、赤色や青色で表現することもできるのです。また黒地に白抜きの文字にすることも可能です。